12月の新入荷

 ・ベル21年 終売品のブレンデッドウイスキー。

 
・リンクウッド12年・花と動物シリーズ オフィシャルはこれしか出ていません。

・オクトモア07.1・5年・59.5%・208ppm シングルモルトの中で最もスモーキーなウイスキー。バーボン樽熟成のスタンダードな5年。牧場の香りがします。

・オクトモア04.2・61%・167ppm こちらは有名なシャトーデイケムというソーテルヌ(甘口ワイン樽)熟成。ブドウなのか、果物の甘い香りと強いスモークがあいまって面白い仕上がりです。

・ロングロウ スプリングバンクの造っているヘビーピーテッドモルト。スタンダード品です。

・トミントゥール2001・14年・52.1%・ウイスキーエージェンシーアートワーク スペイサイドの蒸留所にしては、珍しくピーテッド品です。

・ハイランドパーク1995・15年・46%・クーパーズチョイス 加水ですがホグスヘッドで15年、弱いスモークや潮が感じられるお勧めの1本です。

・ポートアスケイグ100プルーフ・57.1% ボトラーのカリラ、カスクストレングスです。ノンヴィンテージ。

・カリラ2006・8年・57.2%・デユワーラトレー こちらもショートエイジのカリラ、バーボンホグスヘッド、期待できます。

・ウエストポート1997・18年・58.4%・モリソン&マッカイ・オーシャンズシリーズ いわゆるティースプーンモルト。グレンモーレンジです。超濃色、もはやモーレンジは隠れてそうですが、シェリー樽長熟モルトとして召し上がってください

・レダイグ2005・7年・61.9%・モリソン&マッカイ・ヴィジュアルフレーバー ちょっと懐かしいラベルのウイスキー。中身はいつもどおりな若くてやんちゃなレダイグです。

・キルホーマン100%アイラ・5thリリース・50% アイラで取れた麦だけで仕込んだいわばローカルバーレイ。フェノール値は20ppmと低めですが非常にフルーティー感が出ていて好ましいです。

・グレンドロナック・カスクストレングス・バッチ3・54% オロロソだけでなくPX樽も入ってだいぶ甘さがはっきりしているウイスキーです。

・グレンモーレンジィ・アスター・52.5% 5年ぶりに復活のカスクストレングス(やや加水か?)。安定の品質です。

・イーパワー かぶと蒸留釜ジン・辰巳蒸留所 45% 岐阜の郡上八幡でひっそりジンを造る辰巳さんのクラフトジンです。ブルータスに詳細がのっているのでお見せしますね。

・ウイリアムソン6年シェリーカスク(加水のラフロイグです)

・クライヌリッシュ17年・46%・シグナトリーアンチルフィルタード

・JTS10年

・ノブクリーク・シングルバレル

2017/12/05更新 (Bar kilnからのお知らせ) ツイート
ホームページのトップに戻る